カフェ「森salon」名刺作成

2024年5月、朱鞠内にオープンしたカフェ「森salon」さんの名刺を作成させていただきました。

白樺の木とイラクサの葉をモチーフに入れてほしいとのご要望に合わせ、ナチュラルで柔らかい雰囲気になるようにデザインをまとめました。
薄いグレージュの地色タイプとクリーンな白とを提案したところ、両方を採用していただきました。
用紙はツルツルペラペラではなくて紙のテクスチャーが感じられるものが良いですね!とイメージが共通していたので、サンプルをいくつか取り寄せて手触りを確かめて「アラベール」の200kgに決定しました。

幌加内でおいしい焼きたてパンが買えるなんて!!!

広島生まれ広島育ち、子供のころには買い物帰りに母に連れられて本通りのアンデルセンというパン屋さんで名前も知らない表面のガリガリしたパンを買って帰ることがありました。(どうやら「ダッチパン」だったようです)
アンデルセンは、大人になってからも時々友人との宅飲みに名前の覚えられないずっしりしたハード系のパンと一緒にどれがどんな味なのか分からない多様なチーズ、サーモンやちっちゃいオリーブみたいな緑の実(ケッパーのこと)が入ったオシャンティなデリ、パテやキャビアなどの小さな瓶(高い)などを調達するのに訪れていました。

もちろん幌加内にも近場の名寄にもそのような店はないし(旭川は遠すぎる)、今となってはデリもキャビアも必要ないのですが、パンだけはお惣菜パンとかふかふかしたやつじゃない、全粒粉とかライ麦とかのちょっと滋味深い系のパンを食べたいと思うことがありました。

そんな中、出会った「パンマイスター」。
森salonさんの名刺に「パンマイスター」と肩書きがついているように、森salonさんではおいしい焼きたてパンが提供されているのです。
パンは持ち帰りでも注文受け付けてくださるとのことでしたので、早速お願いしちゃいました♪

焼きたてカンパーニュをまるごと!
以前いただいて、すっかりお気に入りになってしまったロールパン?(また名前聞くの忘れた!)も6つ。
取り合いになるので偶数です(笑) どちらもステキな焼き色です。

ロールパンは撮影したいので二つに割ってみました。
割っちゃったからしょうがないよね~と言い訳しながら、半分こで試食。
適度にむちっとした外側に中はもちもちしつつもふんわりした食感でそのまま何もつけなくても(モグモグ)おいしい(モグモグ)パン(モグモグ)なのです。
具だくさんのスープとかシチューとかのメニューの日にあると幸せなパン。
食べ終わるのがもったいないので小さくちぎってチマチマ食べる。
明日は軽く温めて食べてみよう♪

カンパーニュもカットして断面を見たい欲求に負けました。
あ、嘘つきました。試食したい欲求でした。
軽くトーストして試食。ああぁぁぁこれだぁ。
外側カリカリ、中はモッチリしながらも軽いサックリ感もあって、モグモグしながらおいしいもの食べてるなぁと実感できるパンです。
この噛めば噛むほど味わいが感じられるパンが食べたかったのです。
クリームチーズ用意しておかなかったの後悔しています。

うっすら実績紹介じゃなくておいしいパンのお店レポになっている気もしなくはないですが、伝えたいのはそっちなので問題ないです(*´◡`)ふふふ

カフェ「森salon」さんの情報は、Instagramにてご確認いただけます。
森salon(@morisalon_syumarinai)

印刷物

前の記事

ほろかない超(町)民図鑑